ズッキーニが折れた!!

ようやく収穫が始まったというのに!!

先日の台風並みの風と雨の中で、ようやく収穫の始まったズッキーニ3本のうち2本が折れてしまいました。早めに誘引しておけば良かったのですが、まさかあんな台風並みの風が吹くとは思ってもいませんでした。

これから1本だけでは雄花雌花のタイミングが合わない事もあり、交配も難しくなるかも知れません。

根元からポッキリ折れてしまいました

新しい芽が伸びてきているけど......

でも、折れてしまったズッキーニの根元を見てみると一本だけは根元に新しい芽が出ています。
もしかしたら、これを旨く伸ばせばまた収穫できるようになるのかもしれません。

根元から新しい芽が!!

昨年は2本しか植えず、雌花と雄花のタイミングが合わずに交配出来なかった事が度々あったので、その反省を踏まえて今年は3本植えたのですが、ガッカリです。
虫にしても病気にしても、また、風対策、雨対策など、野菜には早め早めの対応が必要なのだと痛感しました。

家の前の菜園全体の現在の様子はこんなものです。

一番奥にキュウリナス。ナスは毎日数本の収穫がありますが、この間まで食べきれない程採れていたキュウリは今は少し減っています。このところ雨ばかりですから、日照不足が原因と思われます。こうなると病気が心配ですが、今のところは大丈夫のようです。

その手前はシシトウガラシサトイモジャガイモです。ジャガイモはもう堀採った方が良いのでしょうが、この天気ではそれも止めています。しかし、そろそろ収穫してしまわないと、傷んでしまいそうです。

ズッキーニは前述の通りでです。この写真でも分かるように風にはいかにも弱そうです。

一番手前はサツマイモ。昨年、購入した芋蔓に既に根が出ていて、それをそのまま植えてしまって大失敗!
収穫時には巨大な芋が2個程ついているだけで、全体の収穫量は思っていた程はありませんでした。
今年の蔓にも根が出ていましたが、昨年の反省を踏まえ、根の出ている部分は切り落として挿してみました。これが正解なのかどうか分かりませんが、調べた範囲では根の付いている蔓を挿した場合には昨年のような結果になるのだとか?

今年のナスは何ともずんぐりタイプのナスです。
種類はなんていうのか見もしないで買ってきましたが、ラベルをよく見ると「長卵」なんとか、と書いてあります。こうした形が特徴の種類のようでした。
あまり長くならずずんぐりタイプで可愛げはありますが、皮がチト硬い。

 

野菜作り2年目 収穫が始まったよーー!

奥から、ナス・キュウリ、ジャガイモ、サトイモ、枝豆、ズッキーニ、サツマイモ

2年目となる家庭菜園からの収穫が始まりました。ここまでは土の耕しやら畝作りなど、力仕事ばかりだったのですが、ここまで来れば力仕事はありません。

収穫が始まった!

その代わりに病気や害虫など、別の苦労が始まります。家庭菜園ですから出来る限り農薬は使いたくありません。
少しでも異変の出た葉は早々に除去するようにしています。昨年は何とか初期の殺菌剤だけで済みましたが、果たして今年はどうでしょう。

キュウリ

最近になりキュウリの収穫が始まりました。昨年は途中からグチャグチャになってしまったキュウリの仕立てだったので、今年はかなり小忠実に蔓の整理はしています。それでもかなり混んできて分かり難くなってきました。
どうも株間が少し狭すぎたようです。
来年は株間をもう少し考えましょう。

ナス

ナスも1週間程前から収穫が始まったと思ったら、日に日に収穫量が増えてきて、これからは収穫が忙しくなりそうです。

ナスは雄しべの中心にある雌しべが雄しべより飛び出ていない場合は肥料不足との事。
昨年も最初の頃は肥料不足気味だったので、今年は早めに追肥をしたのですが、それでも肥料不足の花の兆候が消えるには結構時間がかかりました。元肥もそれなりに入れている筈なのですが、何故肥料不足の状態になるのか?

ジャガイモ

ジャガイモは少しづつ葉色も黄色くなっってきたので、もうじき収穫出来そうです。昨年カミさんが作ったジャガイモはまともな芋は殆ど無く、種芋はそのまま食用にした方が良かった位でした。

そんな昨年の反省も踏まえて挑んだ今年の自分作のジャガイモです。先日試しに一株掘ってみたら、まぁまぁのジャガイモが付いていました。昨年に較べれば上出来の今年のジャガイモのようです。

ズッキーニ

昨年、毎朝の交配に結構夢中になったズッキーニ。昨年は2株しか植えなかったので雄花、雌花の開花が旨く揃わない事が多く、その結果受粉できずに終わってしまう物も結構な数になりました。
今年は昨年を参考に、一株増やし3株植えてみました。株は結構大きくなってきましたが、まだ雄花と雌花のタイミングが悪く、未だ交配に成功したものはありません。
これはもう少し時間が経てば、雄花、雌花のバランスも取れてくるものと思います。昨年も最初の頃はなかなかタイミングは合いませんでしたが、成長するに従って、花の開花も雄花、雌花のバランスも良くなっていきましたから、そのうちに何とかなるのでしょう。

その他にも里芋やら、枝前も植えてありますが、これらの収穫はまだまだ先の事。

サツマイモ

サツマイモは昨年につづき植えてみました。
昨年買ってきた蔓には既に根が出ていました。これなら付きも良いだろうとそのまま植えました。
収穫したら一体どれ程の量のサツマイモになるのか?と楽しみにしていましたが、いざ秋になり掘ってみたら、巨大なサツマイモが2つくらいしか付いていませんでした。
その後、根が生えている物をそのまま植えてしまうとこうなる事を知りました。そのような昨年の反省も踏まえ、今年は根が出ている部分は切り落として挿してみました。
果たして結果は!

昨年までは石だらけで、土の柔らかい部分も僅か10cm程の深さしか無かった我が家の菜園も、1年掛けて30cm程の深さまでは石を取り除き、かなり土も軟らかくなりました。
それでも植えるまでの土作りは、スコップと鍬では超重労働になり、とても健康的とは言えない野菜作りになっています。

家庭菜園で熱中症になったら、本末転倒!

 

野菜作り春の陣

野菜作り2年目のスタート

じぶんにとっては2年目になる野菜作りの始まりです。初年度の昨年は何も分からず虎の巻片手にその通りに造ってみた結果、思いの外まともな野菜が収穫できました。

しかし、些か失速気味の2年目

さて、2年目も! と思うものの昨年に較べればやや失速気味。

こちらは1つづつ歳を取って体力は落ちていきますから、年々大変になっていきます。しかし、家の前にある菜園ですから、草が生い茂ってしまったら見た目も悪いし、ならば健康維持程度で野菜を作っている方が良いのかもしれません。 “野菜作り春の陣” の続きを読む

冬・春野菜植え付け完了

今年の植え付けは終了

9月に種撒きしたダイコンも漬け物用は収穫し、沢庵になろうと樽の中で眠っています。
ブロッコリーも今は脇芽からの蕾を収穫中。これは随分と長い間収穫できるようです。カミさんが追加で遅く苗を植えましたが、これは成長がかなりノンビリしていて物になるのかどうか?やはり植え付けの適期から外れては駄目なのかもしれません。

インゲン豆や残った大根なども収穫中。

先日、カミさんが実エンドウやら、スナックエンドウやらも植えましたが、これも旨く伸びてくれるのかどうか?

今年一年、初めての野菜作りに夢中になりました。これまでは全く興味も無かったのですが、カミさんが春先に体調を壊したため、ピンチヒッターで始めました野菜作りでした。
どうせやるのならと徹底した土起こしからはじめ、石混じりの土の中から石を拾い上げ、堆肥を投入。

鍬でこれらの作業をやると流石に腰は痛くなる、肩は痛くなるやら、体に良いというレベルを超えています。

耕耘機が欲しーーーーい!

こうなると耕耘機を欲しくなりますが、耕耘機を買うお金で一体どれだけの野菜が買えるのか?

でも、耕耘機使えば楽になるんだろうなぁ〜〜...。

冬野菜が順調に成長

順調に伸びる冬野菜

花蕾が見え始めました。
直径4cm程に育ちました

ダイコン

台風で散々な目に遭ったダイコンもその後は順調に大きくなり、かなり太さも増してきました。これ以降は虫の心配もない筈。最期の追肥もやって、あとは収穫を待つばかりになりました。
最終目的は収穫した大根で沢庵漬けを作る事。それも思いっきり糠味噌の臭いのするような昔ながらの沢庵なのです。
収穫が楽しみです。

ブロッコリー

ブロッコリーは一時期青虫も居なくなったと思ったらまた出てきて葉を食べられてしまっています。小さな株の頃は青虫も取り切れましたが、株が大きくなり、葉の枚数も増えてきたので、虫の捕獲も目こぼしがあり、完全に取り切れてはいないでしょう。
無農薬と言う事である程度の食害は仕方ない事です。

葉菜類5種

カミさんが少しづつ5種類(ハクサイ、キャベツ、レタス、??、??)も虫の害もなしに順調です。
しかし、種類を抑えて一つの物をもう少し数多く植えた方がいいんじゃないか?

意外に成長が遅いインゲン豆

インゲン豆

もう少し早く伸びるのかと思ったインゲン豆の成長が結構ゆっくり。いつも参考にしている手引き書によれば「蔓なし種」は種撒き後1ヶ月で収穫期を迎えるとなっているけど、そろそろ1ヶ月は経つんじゃない?

どうも時期的に少し遅すぎたようですが、遅れながらも収穫までは行けるでしょう。
でも、収穫はまだまだ先の事になりそうです。