小学校の休校で孫の子守

最初はこの状態で始めましたが、その後補助輪を付けました。

新型コロナウィルスの感染防止の為に、小学校が休校になり、息子の子供を昼間預かる事になりました。
そこで、小2になるのに未だに乗れない自転車の練習を始めました。

自転車に乗れるようにしたい!!

この自転車、保育園の時に買った物なのですが、乗れないままにそろそろ小学生の体型では小さくなってきました。
息子の教えた時の方法で教えようとしましたが、なかなか進歩しません。
そこでYOUTUBEで練習法を探して、これを見てみたところ、良い練習法を見つけました。
これならうまくいくかも?と早速この練習法で始めてみました。

まず最初は自転車に跨がらず、ハンドルを横から持って歩く練習からでした。簡単そうでも、体の反対側に曲がる時には難しそうです。
これが安定して出来るようになったら、次はサドルに跨って、左右の足で交互に蹴って進むという練習。
やりやすいようにベダルは外しておきました。
ところがうちの孫は女の子で、力が無いのか、なかなかスピードも上がりません。左右の足交互では少し難しいようです。そこで早々と次の段階、両足で同時に蹴る練習に進みました。
両足なので、力不足の孫でもこれなら何とかなりそうです。
嫌になるのを宥めながらの練習ですが、ある程度継続すれば何とかなるのでしょう。

鉛筆の持ち方の矯正

もう一つ、気になったのが、勉強している時の鉛筆の持ち方。
これはかなり酷いですが、こうした事は学校では教えないようです。そこで、休校中にこれを何とかしてやりたいと、矯正を始めましたが、これまでに習慣付いているものを変えようとするのはそうそう簡単な事ではありませんでした。
amazon でこうした矯正グッズがないか、と探してみたところ、何種類か見つかりました。
高額なものでもないので、即買い。

届いた矯正具。5つ入っています。
これくらいの形ならば良いでしょう。

昨日これが届きましたが、これは効果ありそうです。学校が休みの間、これを使っていれば何とかまともな持ち方変えられるかもしれません。ただ、左右兼用という事で、サイズが少し大きめなのがチョット残念な点。少し緩いので、指の動く余地が有りすぎです。

休校はまだまだ休みは始まったばかり。
毎日が大変なじーさんです。

45年前の電卓 Panac M-1 未だ現役

今から44年前の1976年春、同級の友人の結婚式の引き出物として貰ったナショナルの電卓です。
特別なキーは無く、ルートキーとメモリキーがM+とM-の二つ。
今の時代なら電卓が引き出物などとは考えられませんが、当時の販売価格は9980円だったようで、まだまだ高価なものでした。

液晶ではなく、青色の蛍光管を使ったもので単三電池2本で動いていました。
販売は1975年となっていますから既に45年を経過していますが、なんと未だに現役で動いているのですから、この当時の製品は随分と耐久性もあったようです。
その後購入し他液晶表示の電卓は故障して、既に何台もゴミと化していますが、これだけは長寿で元気なもの。
自分より長生きするかも?

雨漏りが!!

築90年の古民家をリフォームした我が家もリフォームから16年が経過。
これまでは何も問題は起きませんでしたが、今日の豪雨でとうとう雨漏りが発生!。

雨の降っている間の方が原因も掴みやすいだろう、とカッパを着て大雨の中外に出てみました。
台風の時、屋根に上がった年寄りじぃーさんが落ちて大けが、死亡! なんてニュースがよく出ます。
あんなになっては敵わないので安全第一で、屋根に上がるのだけは止めました。

これまでにも多少の雨漏りは発生していたようで、これまでの痕跡もありました。これで大凡の雨漏りを起こしている場所が分かったので、後はそこから追ってみました。

どうやら、ここだ!と思う原因箇所が判明。
一番上にある瓦の奥に風で吹き込んだ雨が原因だったようです。これなら簡単なコーキング作業で何とかなりそうなのでホットしています。

原因が分かったぞーーー!

雨漏りってなかなか漏れてる場所の特定が出来ないものですが、今回は見つかってくれて良かったです。
とは言っても、実際に修理して、その後漏らなくなっての話なのですが.....

 

停電

電気がやっとキターーー!
停電記録更新

2014年の台風18号以来の長時間停電が88時間目にしてようやく解消。

何も出来ない夜

4年前(2014年)の台風18号の時は電気が来るまでに72時間掛かりました。しかし今回はそれを超えて、88時間と大幅な記録更新となってしまいました。
流石に4日目ともなると何も出来ないことにメゲてきます。
日常の生活が電気に頼りすぎているという事なのでしょうが、ではどうする? と言われても代わりになるものも無さそうです。 “停電” の続きを読む

十一面観音御開帳

十一面観音
什一面観音御開帳

清水区茂畑にある一渓寺で10月20日に、本尊である十一面観音像が御開帳されます。
これまで60年に一度の御開帳と聞いていましたが、届いた案内では33年に一度となっていました。
こうしたお寺のイベント?にはかつては檀家以外の近在の人達からも寄付が寄せられ何とか御開帳出来たとの事でしたが、近年では時代も変わりそういった事も期待出来なくなりつつあります。
しかし、案内が届いたと言う事はこの御開帳は予定通りに行われるようです。

最近では若い人達ばかりでなく、全国的な信仰心の希薄化といいますからこれからも益々、こうしたお寺の行事への理解は薄れていってしまうのかもしれません。 “十一面観音御開帳” の続きを読む

ゴールデンウィークも終わり

ゴールデンウィークは家庭菜園

今日の日曜でゴールデンウィークも終了し、また日常生活が戻ります。でもまぁ、この歳になるとゴールデンウィークなんて全然関係なし!
これもまた寂しいものです。

そんなわけで、今年の連休中は家庭菜園の草取り、野菜の苗植えで終わったみたい。野菜作りは初めての事ですが、収穫が楽しみです。
さて、どんな結果になるのか!

西国巡礼のスタート

今月の第3土日から西国巡礼が始まります。自分にとっては2度目の西国になりますが、街道ウォークも一休み状態で些か気抜け状態なので、少しは気力回復にもなるのかもしれません。

初めての野菜作り

カミさんが不在の為、野菜を植えておいてくれとの事で、今年は自分が野菜を植えなくてはならなくなりました。野菜といっても取りあえずは「ナス」と「キュウリ」。
はて、去年は何処の場所で作ったのか? 連作障害がありますから、同じ所には植えられません。植えておいて欲しいと頼む位なのだから、一番広く空いている所でいいのか?

まず最初は土作り

まずは耕起です。しかしこれが大変な作業。カミさんがやっているのはただ表面を少しだけ耕して植えているだけだろうからそこから下はかなり土が固まっています。鍬では歯が立たず、スコップでの作業となり重労働です。 “初めての野菜作り” の続きを読む

ゴールデンウィーク

いよいよゴールデンウィークに入りました。
でもここ数年、自分にはゴールデンウィークなんて全く関係無しです。

この歳になると家でノンビリしているのが一番、わざわざ混雑だらけ、渋滞だらけのこの時期に行く理由なんて何もありません。どうせ行くのならゴールデンウィーク後に行けばどこも空いています。

こうした事が出来るのも自営業だからこそです。
今年の連休は凄く長くなり、娘など9連休になるらしく、これまで無かった長期の休暇に戸惑っているようです。

仕事をしているのが一番落ち着くのか?
周りを見ると、今年は今がお茶刈りの最盛期。この調子では八十八夜を待たずに終了してしまう所も出てきそうです。

そんな今年と違って去年は随分と遅くなりました。
季節は随分と気まぐれなようです。

ゆく春や

この間までは咲いていた庭のしだれ桃とその奥に三椏の花。でも瞬く間に散ってしまって今は葉だけになってしまいました。しだれ桃の次はドウダンツツジでしたが、これも花はかなり落ちてしまい、今はピンクのハナミズキになりました。

ドウダンツツジ

花の時期は綺麗で良いのですが、この綺麗に花が咲くたった2週間の為に春からの半年間は草取りに追われます。
暑い真夏は庭をコンクリート舗装したくなる程の大変な作業です。そろそろ雑草との戦が幕開けです。

10干と12支

今回は暦の話です。

2000年に地元の自治会館を建て替えた時に旧自治会館の中にあった書類等は箱詰めにされて、その後十数年間自治会館横の物置の中に眠っていました。
これも今のうちに仕分けして捨てるものは捨てようと、この荷物を家に持ち込みこの仕分け作業を2月頃より少しずつ進めてきました。
この中に「庚申塔建立の縁起」と題された書物がありました。
中を見てみると庚申の年に当たっていた昭和55年(1980)に庚申塔を建立した時の経緯を記録した書類でした。 “10干と12支” の続きを読む