板東観音巡礼第6回

板東巡礼再開

昨年秋にようやく復活したと思った板東巡礼もその後のコロナ感染者増加でまたまた出かけられなくなってしまっていました。
年明けから今年は寒い日が続いてきましたが、春めいてきた3月頃からウィズ・コロナの風潮が一般化し出しはじめ、新規感染者が一日4万人以上出ている中でも出掛ける人が多くなってきました。

春暁やコロナ禍故の巡礼に  一秀

そんな状況ならば板東巡礼も再開してはどうか?という事になり、サクラも早々と葉桜と変わった4月21日(木)、千葉県に残っていた3寺を参詣し、これで残りは10寺になりました。

久しぶりの首都高

首都高速を抜け千葉県に入りました。

混雑は避けたいので、少し早いのですが混雑前の首都高速を抜けようと朝4時に清水を出発。
最近では圏央道も出来た事から、首都高速を通るのは何年ぶりかの事で、自分がここを運転して通ったのはもう20年以上も前の事になるようです。
アクアラインから千葉県に入る事も考えましたが、この日、アクアラインでは事故があり渋滞していたようです。
今回は首都高を選んで正解でした。

そんな甲斐あって、6時には首都高を抜ける事ができました。
湾岸線から京葉道路へ乗り、松が丘ICで降りれば最初の札所である千葉寺はすぐそばです。
と、思ったらなかなかお寺の駐車場に行き着けません。最初の計画を起てたときにもGoogleマップで「千葉寺」で検索しても広い範囲を示すだけで千葉寺が出てきませんでした。
早い話、千葉寺のある町名はこれもまた「千葉寺」だったのです。
「千葉寺駐車場」の標識があったので入ってみたら、どうもこれは月極契約の駐車場のようです。
地図でよく調べてみたら、このすぐ先に千葉寺専用の駐車場があるようでした。
さっきの道をもう少しだけ進んでいたら千葉寺の仁王門真ん前に出たようです。

到着してみれば広い駐車場付きの千葉寺でした。 7:35am 千葉寺に到着です。
しかし、早すぎたようで、受付は8:00からでした。境内に立つ大きな榧ノ木や大銀杏をみていれば受付時間になるでしょう。 “板東観音巡礼第6回” の続きを読む

坂東観音巡礼_第5回

坂東巡礼30番 高蔵寺〜33番 那古寺

先月、一年十ヶ月ぶりに再開した坂東観音巡礼も、年内にもう一度行こうと言う事になりました。しかし、泊まりなら幾通りかの選択肢がありますが日帰りとなると残っている中で行けるのは千葉県内くらいのもの。
そこで30番の高蔵寺から満願寺となる33番の那古寺までの南房総にある札所を一気に廻る行程で計画してみました。

地図
南房総の四札所

毎回計画を起てる時には、行き先、ルートを決めてからGoogleマップなどで距離を計算して、所要時間を割り出し、各札所の着時間、発時間を決めて、走行距離から燃料費の割り出し、また有料道路の通行料金等も出して、大凡の必要経費と所要時間を割り出しています。
細かな計画を起てても、なかなか計画通りには行きませんが、それでも大凡の時間や経費を出さない事にはその日のうちに帰って来る事が出来るのかさえも分かりません。 “坂東観音巡礼_第5回” の続きを読む

コロナを乗り越え坂東観音巡礼再開

昨年1月以来コロナ騒ぎの為、坂東観音巡礼も既に1年10ヶ月も途絶えています。
出掛けたくても今年8月のコロナ感染拡大の感染数を見た時には、暫くのあいだ観音巡礼の再開はとても無理と思っていました。

しかし、8月以降は感染者数は激減。不思議なくらいの急カーブで、8月のピーク時には25,000人/日ほどに上がっていた数も200人程度までの急降下。
第3回目の坂東巡礼の計画を起てたのは9月下旬でしたが、その時にはまさかここまで減るとは思ってもみませんでした。

出来る事なら群馬まで出掛けるのですから、一泊二日にしてノンビリと奥日光泊りで廻って来たかったのですが、再開初回は安全優先で日帰りとしました。

“コロナを乗り越え坂東観音巡礼再開” の続きを読む

2月の坂東巡礼は新型コロナウィルスリスクを避けて冬休み

新型コロナウィルス

世の中、新型コロナウィルスで大騒ぎです。2月の坂東巡礼は浅草寺ついでにスカイツリーの計画でしたが、あんな人混みの中で下手して感染でもしたら...と考えると、わざわざ寒い最中、感染のリスクまで背負ってまで出かける事は無いだろう、と冬休みにしました。

1000年近く続いてきた観音霊場ですから、1月、2月遅れても無くなってしまう事もないでしょう。

それにしても、今回の新型コロナウィルスは以前にもあったサーズやマーズに較べると致死率などは大したこと無いのに、各国の対応が凄いです。

あれを見ていると、知らされていない何かがあるのか?なんて勘ぐってしまいます。なにも無いんでしょうかねぇ。

 

坂東観音巡礼第3回

坂東巡礼第2回は埼玉県の3寺

昨年11月末に初回(以前からだと2回目)となる坂東巡礼から約2ヶ月。今回は埼玉県の3寺を参詣してきました。

今になってではありますが、西国巡礼は徳道上人が始め、一時消えてしまった観音信仰を再び復活させたのは西国巡礼中興の祖となった花山法皇でした。
では、この坂東観音巡礼は誰がいつ頃始めたものなのか?
これまで考えたこともありませんでした。
坂東巡礼の歴史はガイドブックでは

平安時代に西国で始まった三十三観音巡礼が坂東において成立したのは鎌倉幕府の成立がきっかけだといわれています。源頼朝は熱心な観音信者でした。源実朝もしばしば観音信仰を行った事が知られていることから、実朝が西国の霊場を模範として札所を制定したとも伝えられています。
坂東の一番札所が鎌倉の杉本寺であることや、鎌倉、相模、武蔵に札所が多いことから納得のいく説となっています。

と書かれています。 “坂東観音巡礼第3回” の続きを読む