2017 MacBookPro 13 が壊れた!

2017 MacBookPro13 から 2022 M2 MacBookPro 13
M2チップ 凄い!!

2018年から使って来たMacBookPro13 が突然真っ暗になり、SMCリセットなどやっては見たものの起動せず。

5年も経っていないというのに御臨終でした。最初は修理と思いましたが、Appleに持ち込んで看て貰ったところ、最低でも修理費は8万円は掛かるとの事。
そしてそれは最低の料金で、他に不具合が見つかった場合には10万を超える事も十分ありえるとのこと。

修理は諦めた!

これを聞いて修理は即諦めました。
それにしてもAppleのパソコンは1995年以来25年以上も使って来て、その殆どの終焉は電源部の故障で終わっています。何故にこうも電源ばかりが壊れるのか?

修理しても2017年モデルに戻るだけ。ならば、現行モデルに機種変更した方が良さそうです。
パソコン無しでは困るので、あまり考えずに同じMacBookPro13をAppleストアで購入。CPUは最新のM2。BTOでメモリーを16GB、SSDも512GBに上げただけ。これまでのMacBookProよりSSDは半分の容量になってしまいましたがそれほど複雑な作業をするようになるとも思えないので、これで十分としました。

10日ほど待たされて新しいMacBookProが届きました。カスタマイズした時はいつも10日ほど待たされます。発送地をみると海外になっているから時間も掛かるのでしょう。
2ヶ月ほど前にとっておいたTimeMachine のバックアップがあったので、これから転送し難なく新しいMacBookProもこれまでと全く同じ環境に設定完了しました。

Venturaへバージョンアップ

巷では最新OSのVenturaの不具合がいくつも報告されているので、これまでMonterey からのバージョンアップは見送っていたのですが、今年夏に発売されたばかりの最新機種ならばVenturaも最新機種には最適化されているはず、と判断し、思い切ってVenturaへのバージョンアップを敢行。

勿論不具合が生じた場合はMontereyに戻せるように、TimeMachineでバックアップを取った上でのバージョンアップです。
バージョンアップ自体は何の問題も無く完了しましたが、日本語変換のATOK に問題が。しかし、これは事前に承知していた事で、対応も調べておいたので、即解決出来ました。

システム設定もiOSに似てきた

バックアップからMontereyへの復元が出来ない!

バージョンアップしたものの、いろいろな所が簡略化されてしまっていて、バージョンアップを早まったか?と思い、Montereyに戻そうと思ってこれまでのOption+電源で起動しようと思ってやってみても通常起動になってしまいます

何度やっても同じなので、調べてみたところ、シリコンチップになってからのオプション起動は電源ボタンを押し続けのだと言う事が分かりました。

電源ボタンを押し続けるとオプション起動画面がようやく出てきました。
起動し終えた画面でTimeMachineバックアップからの復元をしようとしても、起動しているバージョンが違うので復元は出来ないと怒られていまいました。Monterey で起動しないとMontereyのバックアップは使いないようです。
えーーー、そんな馬鹿な!
これでは新しいOSのお試しなんて出来ないではないですか!

ならどうやってMonterey から起動出来るのか?
どうやら、AppleサイトからMonterey のインストーラーをダウンロードしてターミナルから起動可能なディスク(USBメモリ)を作り、そのディスクから起動するしか方法は無いようです。これをやろうとするとかなり面倒です。今Monterey に戻したところで、この先はVenturaにアップするしかないのでしょうから、このまま使い続けた方が無難そうです。

標準仕様の256GB SSDは遅い!

ネット上ではM2MacBookProやMacBookAirのスペックに関する情報が溢れています。これをみるとSSD容量が標準仕様の256GBのものはその読み書きスピードがM1MacBookProの半分程度しか出ないようです。しかし自分のMacBookProは512GBなので、これはそうした事はないようなので、ホッ!512GBに上げてよかった!

FinulCutProXもこれまでとは桁違いのスピード

不具合は全く無し!

いろいろなアプリを起動してみましたが、これまでのインテルi7 MacBookProと較べるとそのスピードには驚きます。
特にFinulCutProX Compressor Motion5 のスピードはこれまでとは別物のスピードです。
複数のアプリケーションを起動してもまったく問題は起きません。これもメモリーを16GBに上げた効果なのでしょう。
前回のMacBookProは購入直後にいろいろな問題が発生しましたが、今回はこうした事は全く起こらず。

これまでと違うのはそればかりではなく、発熱が極端に少ないこと。まず冷却ファンの音を聞いた事がありません。こうした事によりバッテリーも20時間持つといいます。
そろそろ2ヶ月経過するMacBookProですが、今のところ、文句なしのMacBookPro13です。
しかし、前機種と全く同じ外観というのも.....。
そうはいっても、見た目は変わらなくても見えないところで進歩している方がいいですね。

10年使えますように!

願わくばこんどは10年くらい持って欲しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です