持統天皇行幸の道をゆく

6月21日から二泊三日で奈良の近鉄、大和八木駅から吉野の宮滝までの街道を歩いてきました。

この街道は今から1300年以上も昔、天武天皇崩御の後、彼の遺志を引き継ぎ、天皇となった妻の持統天皇が、かつて夫とすごした吉野宮滝にあった吉野宮に行幸した道になります。彼女の吉野への行幸は実に32回にも及んだと言います。

この街道歩きをホームページに纏めました。
ホームページの閲覧はこちら

持統天皇行幸の道を歩く

距離の割に厄介な行程

次回の予定として考えている「持統天皇行幸の道」なのですが、具体的な計画を起てようとするとこれが結構厄介。というもの、大和八木駅から吉野宮までは距離的には30Km程度なのですが、一日で踏破するのはチト厳しい。なら一泊二日なら十分か?というとそれでも厳しい。中間地点は峠道で宿など全くなしの山道で、当然のことながら、路線バスなどあるわけも無いような所です。結局全行程を3日掛けて歩く事になってしまいそうです。

吉野川
宮滝遺跡

“持統天皇行幸の道を歩く” の続きを読む

持統天皇行幸の道

甲州道中をゴールし、その後の柳生街道も完歩して計画は全て完了し、目標が消えてしまいました。目標が消えてしまうと毎日の張りみたいなものが日を追う毎に消えて行ってしまうように思えてきます。
これではまずいと、新しい計画を立て始めました。
候補は幾つかありますが、自分の一番は次のようなもの。
http://ka-sugiyama.com/temp/tenmu-jito.pdf
天武天皇亡き後、その遺志を継ぎ、律令制を推し進めた天武天皇の皇后であった持統天皇が天武天皇と過ごした吉野に通った行幸の道を辿ろうというものです。 “持統天皇行幸の道” の続きを読む

柳生街道

関駅から笠置駅
笠置駅

スタート地点となる笠置駅まではどう行こうか?
車で奈良まで行ってそこから奈良線、関西線と乗り継いで行く方法がまず考えられますが、これでは奈良まで行くのに時間が掛かり過ぎます。それに電車を乗り換えて笠置駅まで行くのにも無駄な時間を食ってしまいそうです。
そこで、東海道ウォークでも歩いた「関」まで車で行き、そこから関西線で行く事にしました。これなら乗り換えなしでスタート地点の笠置駅まで1時間ちょっとで行けます。 “柳生街道” の続きを読む

柳生街道

柳生街道

もう来週に迫ってきた柳生街道ウォークの準備を始めました。

しかし、この柳生街道、五街道とは違いこれが柳生街道の本道、といったものは無いようで、当時柳生の里と奈良を往き来する人達が通った街道と言うことになりそうです。山道はそれが柳生街道と呼ぶものになるのでしょうが、平坦地では当時と違い今ではいくつもの道路が出来ています。

結局、肝心な所だけ間違えずに行けば、他は寄りたいところに寄って、行きたい道を奈良方面に向かって歩けばいいのではないか?。 “柳生街道” の続きを読む

甲州道中ゴール

甲州道中では唯一両塚の残る一里塚

昨年夏に日本橋をスタートした甲州道中てくてく歩きも3月14日から15日、一泊二日で歩いてようやく下諏訪宿にゴールしました。
スタートしたのはニュースで熱中症の話題が毎日のように出ていた灼熱地獄の7月でした。スタートした初日は一番若い自分が熱中症でブレーキになってしまい、大反省。水不足が最大の原因だったようです。
距離は200Kmチョットしかありませんから、大したこと無いと舐めてかかった所もあり、こうした慢心が事故の元。 “甲州道中ゴール” の続きを読む