Flickr が有料化

2013年にアカウントをとったUSA Yahoo の画像共有サービス「Flickr」は1TBの領域を使えるにも拘わらず無料という、カメラが趣味の自分には非常に有り難いサービスでした。

自分の使い方は画像共有というものより、主に画像データのバックアップとして使っていたので、5年の間にアップロードした枚数は既に65,000枚になろうとしています。

勿論、この中の幾つかの公開していい画像は廻りの人間に公開はしていました。

この有り難く使わせて貰っていたFlickr でしたが1月8日から有料化されると今日になって知りました。以前から有料化のアナウンスはしていたようなのですが気がつかず、締め切りの前々日になってようやく気がついた、という何とも情けない話。

Flickr の代わりになるようなサービスは余りなくて、考えられるのは無制限に保存出来るGoogleフォトくらいのものです。
現在でもこのGoogleフォトは利用していますが、このGoogleフォトは当たり前に使う限りアルバムの階層化が出来ないのです。今Flickr の中には枚数は65,000枚、これらは1,300個のアルバムに纏められて管理しています。
もし、これをGoogleフォトで管理しようとすると一つの階層に1,300個ものアルバムが横並びになる事になります。
これでは必要な写真を即座に探し出す事などとても無理な事。
でも、GoogleフォトとGoogleドライブを旨く組み合わせてやるとGoogleドライブ側で階層構造をもったアルバム管理が出来ます。しかし、かなり面倒な事になり、歳とった自分が、これをこれから先もコンスタントに続けていけるかは疑問。
一番厄介な事は、65,000枚にもなっている画像を改めて再びアップロードするという作業ですが、これを実行する気力がありません。

あとはamazonのプライム会員になっているので、amazonフォトも使えますが、これは容量不足。

Canon imagegateway のアルバムサービスも使えますが、やはりこれも容量不足。

2013年当時、1TBが無料と言う事なのでFlickrアカウントをとって使いだし、数万枚溜まったところで突然の有料化なんて、こりゃ詐欺みたいなものだ!

これまでと同じ無料プランもあるけど、こちらの保存容量は画像たったの1,000枚。これでは6万5千枚のうちの6万4千枚が削除されてしまいます。

色々考えていくと、やはり一番はFlickr PRO へのバージョンアップになりますが、この使用料は1年、$59.88
これまで無料だったサービスがいきなり有料化する割には結構高額な使用料です。
でも、取りあえず1年様子見と言う事で、Flickr PRO にバージョンアップしてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です