坂東観音巡礼

秩父観音巡礼、西国観音巡礼、と続けて来た観音巡礼も100観音まで残すところ坂東観音巡礼だけに成りました。
これも2年程前に鎌倉市内、小田原、それに茨城県の2寺は既に参詣済みですが、それ以後西国巡礼が始まり、こちらは満願したものの、坂東の再スタートは無しで来てしまいました。
折角74観音まで来たのですから100観音までは残す26寺を参詣して100観音霊場を満願したいと思っていたのは自分ばかりでは無かったようで、坂東巡礼再開は8人で再スタートしました。
坂東巡礼は鎌倉幕府成立以降、鎌倉をスタートとして相模、武蔵の国に広がっており、車で廻ったとしても1000Kmを越える距離になります。
そうそう簡単に満願出来るとも思えませんが、1年以内の満願を目標に
目指せ!100観音!です。

 


第1回

1番・杉本寺 2番・岩殿寺 3番・安養院 4番・長谷寺 5番・勝福寺 13番・浅草寺 26番・清瀧寺 25番・大御堂

小田原まではこれまでに個人的に友人と鎌倉を歩いて回っており、その後再び参詣し、1番から6番までは2回廻ったことになります。特に歩き巡礼の時は正月の鎌倉だったので、その混雑ぶりは凄いものでした。


第2回 令和元年11月29日

7番・光明寺 6番・長谷寺 8番・星谷寺 大山阿夫利神社 武相荘

再スタートの第1回目は札所だけ廻るのではつまらないので、普段はなかなか行く事も無いような観光地回りをしながらノンビリ進む事にしました。
今回は札所3箇所と大山阿夫利神社と白洲次郎・正子夫妻の旧邸宅「武相荘」に寄ってきました。


第3回 令和2年1月21日

11番・安楽寺 10番・正法寺 9番・慈光寺 忍城趾 吉見百穴

年明けの21日、再開後の2回目は埼玉方面に出掛け、札所3箇所と、それ以外には「のぼうの城」で一躍名を知られた忍城と横穴式の墓憤群「吉見百穴」を廻ってきました。どちらも静岡からこれを見る為にわざわざ来る事はないでしょうから、こんな時にでもないと見る事も無かったでしょう。