庵原軌道

 
庵原軌道 事業報告書 発見

大正初期、清水区庵原地区を走っていた軽便鉄道がありました。
この軽便鉄道は「庵原軌道」といい、江尻から庵原の金谷までの5.5Kmの間に10駅がありました。
開業は大正2年でしたが、廃業は同4年。営業したのは僅かに2年間という短いものでした。その為に資料などが殆ど残っていなく、幻の庵原軌道と言われています。
以前から何か資料などないものか、と探してはいましたが、既に100年以上も昔の事で、調べてみても既に知られているものばかりでした。
今年2月に知人の家で、家を貸せるようになったので、中にある古いものを捨てると聞きました。欲しいものがあったら貰えるというので、いくつかの古い書類の束を貰ってきましたが、これらを細かく見ていたら、「大正弐年上半期 第六回事業報告書 庵原軌道株式会社」と題された小冊子がみつかりました。
なんと、開業した年の庵原軌道の事業報告書です。
あったのは第六回の報告書だけでしたが、貴重な資料です。
このまま置いても何処かに行ってしまうだろうと思いpdf化しました。
pdfファイルにリンクを張っておきましたので、興味のある方はどうぞ。

事業報告書の閲覧は ↓

庵原軌道事業報告書

西国巡礼

西国巡礼が始まるぞーー!

今週末からいよいよ「西国巡礼」が始まります。前にも書いたように自分にとっては2回目の西国観音霊場巡りになります。
西国巡礼の一番札所は那智勝浦にある「青岸渡寺」。


個人的には6回目の青岸渡寺になります。ここはいつも参拝者で賑わっていますが、意外に巡礼者の姿は見つかりません。
やはり青岸渡寺より那智大社や那智の滝の観光目的の観光客が圧倒的に多いようで、こちらに来たついでに隣の青岸渡寺に参詣しているといったところでしょう。

“西国巡礼” の続きを読む

持統天皇行幸の道を歩く

距離の割に厄介な行程

次回の予定として考えている「持統天皇行幸の道」なのですが、具体的な計画を起てようとするとこれが結構厄介。というもの、大和八木駅から吉野宮までは距離的には30Km程度なのですが、一日で踏破するのはチト厳しい。なら一泊二日なら十分か?というとそれでも厳しい。中間地点は峠道で宿など全くなしの山道で、当然のことながら、路線バスなどあるわけも無いような所です。結局全行程を3日掛けて歩く事になってしまいそうです。

吉野川
宮滝遺跡

“持統天皇行幸の道を歩く” の続きを読む

ゴールデンウィークも終わり

ゴールデンウィークは家庭菜園

今日の日曜でゴールデンウィークも終了し、また日常生活が戻ります。でもまぁ、この歳になるとゴールデンウィークなんて全然関係なし!
これもまた寂しいものです。

そんなわけで、今年の連休中は家庭菜園の草取り、野菜の苗植えで終わったみたい。野菜作りは初めての事ですが、収穫が楽しみです。
さて、どんな結果になるのか!

西国巡礼のスタート

今月の第3土日から西国巡礼が始まります。自分にとっては2度目の西国になりますが、街道ウォークも一休み状態で些か気抜け状態なので、少しは気力回復にもなるのかもしれません。

持統天皇行幸の道

甲州道中をゴールし、その後の柳生街道も完歩して計画は全て完了し、目標が消えてしまいました。目標が消えてしまうと毎日の張りみたいなものが日を追う毎に消えて行ってしまうように思えてきます。
これではまずいと、新しい計画を立て始めました。
候補は幾つかありますが、自分の一番は次のようなもの。
http://ka-sugiyama.com/temp/tenmu-jito.pdf
天武天皇亡き後、その遺志を継ぎ、律令制を推し進めた天武天皇の皇后であった持統天皇が天武天皇と過ごした吉野に通った行幸の道を辿ろうというものです。 “持統天皇行幸の道” の続きを読む