柳生街道

柳生街道

もう来週に迫ってきた柳生街道ウォークの準備を始めました。

しかし、この柳生街道、五街道とは違いこれが柳生街道の本道、といったものは無いようで、当時柳生の里と奈良を往き来する人達が通った街道と言うことになりそうです。山道はそれが柳生街道と呼ぶものになるのでしょうが、平坦地では当時と違い今ではいくつもの道路が出来ています。

結局、肝心な所だけ間違えずに行けば、他は寄りたいところに寄って、行きたい道を奈良方面に向かって歩けばいいのではないか?。
ネット上で柳生街道を歩いた方のGPSファイルがあったのでそれを落としてカシミールで読み込んでみました。最初はこれを元に歩くコースを決めようと、カシミールでルートデータを作り始めましたが、これは途中で止めました。

このコースデータを参考にしながらこれに沿ってあっちへ寄ったり、こっちへ寄ったりして行けばそれで良しとしました。

スタートとなる笠置駅まではどうして行こうか。これはいろいろ考えた末、直接車で奈良まで行ってしまうと時間が掛かるばかりです。そこで、三重の関駅に車を駐めて関西本線で行くことにしました。1時間10分電車に揺られていれば笠置駅まで乗り換えなしで到着です。

初日は笠置駅から忍辱山まで行き、バスで宿のある奈良市内へ。
二日目はバスで前日のゴール地点まで行って、そこから奈良に向かって歩き出します。

二日間で30Kmに満たない距離ですから甲州道中に比べれば楽勝ペースで行けるはず。
でも、舐めてかからない方がいいかな。

一体これはなに?

この終点地点の近くに「頭塔」という摩訶不思議な建造物がありました。今回初めて知ったのですが、これは楽しみにしています。東南アジアにありそうな雰囲気です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です