iPhone7バッテリー交換

交換された古いバッテリー

2008年の夏に日本でiPhone3が発売され、即購入しました。仕入れが何時になるか分からないくらいの品不足、と言われていましたが、たまたまキャンセルがあって、予約から1週間ほどで手に入りました。

iPhone3から始まったiPhoneとの付き合いも、その後、2年毎に4,5,6,7と機種交換を繰り返してきましたが、この間にバッテリーの交換はした事が無しで来ました。

現在使っているiPhone7は既に丸2年を経過し、その為にバッテリーの状態を見ると79%まで低下してきていました。特にiPhone7になって使う時間も増えて充電回数が増え、その為にバッテリーの劣化もこれまでになく進んだようでした。
最近では体感的にもバッテリーの減り方が早いように感じてきていました。

現在、iPhone6と7にはAppleよりバッテリーの交換プログラムが提供されていて、今なら3,500円程で交換できるようです。
但し、これはAppleの認定店での話で、市内にある一般の店で交換した場合はそうはいきません。
それどころか、認定店以外で手を付けてしまった場合、今後どのような故障が生じてもAppleでは受け付けてくれなくなります

市内にあるiPhoneのバッテリー交換出来る店は何店かありますが、当然こちらで換えたバッテリーは純正品ではありません。
それに経費も7,000円を超えますから、Apple認定店で交換する事に較べたら良い事は一つも無い状況です。

この点については店の方でも十分説明を受けましたが、それでも何故にこちらを選ぶのか?
これは短時間で済むから!の一言に尽きます。

静岡市内にはAppleの認定店はたったの1店しかありません。Apple のapp「Appleサポート」で予約を取ろうにも、いつも予約いっぱいのようでとても予約など取れそうもありません。

いくつかのリスクを伴う社外品でのバッテリー交換でしたが、取りあえず今のところは問題ないようです。

バッテリーの状態で最大容量が100%になっていますが、店の説明ではこの%表示は出来なくなるといっていました。もしかしたら100%表示のまま変わらないのかもしれません。

駄目なら駄目でまた社外品で交換すればいいし、もっと大きな故障なら機種交換すればいいでしょう。
しかし、Appleでも純正パーツを外に出して、どこでも完璧な修理が出来るようにして貰えないものでしょうかねぇ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です