Macbook Pro キーボード修理

昨年暮れから何となくタッチの感じが悪くなってきていたMacbook Pro のキーボードの事でAppleのサポートに連絡してみました。いろいろと相談していたら結局修理に出す事になりました。

このキーボードは発売当初より、あまりのストロークの無さ、そのカチャカチャする打鍵音、タッチの軽さ、ゴミが詰まる事によるキーのロックなど幾つかの問題が出ていました。アメリカではこのキーボードを巡って集団の訴訟も起きているくらいだから不満を持っているユーザーは多いようです。
自分の場合もそろそろ1年経つというのに、未だにそれまで使っていたMacbook Air の方が遙かにミスタイプも少なく済みます。

こうした不満が多い現状から、2016年、2017年型のMacbook Pro についてはキーボードの無償修理プログラムが適用されるようになっていました。

今の時代、修理に送り出すのも楽です。昔なら自分で梱包して送るしかなく、これがかなり面倒でしたが、今は取りに来てくれるので、渡すだけで、梱包は宅配業者さんがやってくれます。

送り出した2日目、Appleから連絡がありました。
開けてみたところ、他にも修理しなければならないところが見つかり、この修理についての承認が欲しいとの事。
写真も添付されていて、これを見るとマザーボードに水滴が見つかった為に、こちらも修理しなくてはならないようです。

こぼれた水でも中に入ったのか?

その部分を手つかずにしておく訳にもいかないので修理して貰う事になりました。

先ほど修理の完了したMacbook pro が戻ってきました。

添付されてきた書類を見ると水滴の落ちていたマザーボードの交換、これと一体になっている1TBのSSDも当然交換になります。キーボードの方もトップケースやバッテリーと一体なので、こちらも交換。結局、ディスプレイ以外は殆ど新品になってしまったようです。

バッテリーも新品になってしまったので、充放電回数は僅か1回だけ。

Applecare に入っていたので、無償で済むはずですが、良い事ばかりではなく、マザーボードが変わってしまった為に、別のパソコンと判断される事になり、この部分で苦労する場面もありました。
それでも2時間ほどの苦労の後、ようやく以前の状態に戻りました。

一番気になるのがキーボードの感触は変わったのか?と言う事です。
クリック感の無かったキーも良い感じになっています。まぁ、これは新しいキーボードに変わったのですから当然。しかし、全体的にクリック感がハッキリしたように感じます。あと、キーのタッチが少しだけ重くなったか?
やたらとタッチが軽く触っただけで感じてしまうような感触だったキーボードでしたが、少しだけ重く、尚且つクリック感が増したように感じる事から凄く打ちやすく、ミスタイプも減ったように感じます。

 

カテゴリーMac

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です