Dreamweaver CC 2019

Dreanweaver CC 2019

何が新しくなったのか?

来年でもう止めようかと思っていたホームページのデザインアプリ「Dreamweaver CC」が2019年版にバージョンアップしたようです。オープニングの画面も変わりましたが、中身はどう変わったのか?
自分のレベルではよく分かりません。
最初の編集ページが開くまでの時間が掛かるようになった気がします。
自分のパソコンはMacbook Pro 13″  2017 でCPUはi7(クワッドコアではない)、SSDは1TB、メモリも16GB積んでいるから、そんなに遅いマシンではないと思いますが、Dreamweaverを使い出した4年前よりは確かに重くなってきています。

そろそろホームページも撤退か!

相変わらず、コード画面でテキストが行を跨いだ時の挙動もおかしいままだし.....。

あまり、変化も感じないバージョンアップより、もっと軽く、安定した変化を期待しているのですが、不満を言う前に、やはり自分のレベルで使えるようなソフトではないのでしょう。

やはり、ホームページは潮時かなぁ...。それとも「Coda」でテキスト打ち込みに挑戦してみるか?

何か、無理っぽい......

いずれにしてもDreamweaver CCからは来年で撤退しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です