葛城古道と二上山 2日目

 

二上山

今日はかねてからの念願であった、大津皇子の墓参りの為に二上山の登山です。ピークを二つ持つこの山の標高は雌岳(474m) 雄岳(517m)とどちらも大した事はなさそうで、簡単に考えていました。ところが.....

磐城駅からスタート

早めの朝食を摂り、またまた飛鳥駅へ。これで5回目となる駅への道です。途中尺度駅で乗り換え、8:40am、スタート地点になる近鉄の磐城駅に到着です。

竹内街道

最短コースを選ぶのなら一つ先の當麻寺駅まで行く方が距離は短くなります。しかし、磐城駅からスタートすると、當麻寺の前に出るまでの間、我が国最古の官道と言われる竹内街道を抜けていくコースになり、少しお得感が。

この竹内街道は、これより東に行くと横大路と名を変え、最終的には伊勢に続く伊勢道になり、また途中から北に向きを変えれば山辺の道に接続し、こちらは奈良まで続いています。

竹内街道

前回歩いた時に大和八木で寄った交流館の前を通っていたのがこの横大路でした。

流石にこの街道沿いに並ぶ家は凄いです。これまでに歩いた街道沿いにも豪邸はありましたが、ここの豪邸はそれらとは違うレベル。何より凄いのが完璧に維持管理された屋敷である事です。これだけの家を維持管理するには一体どれ程の経費が掛かるのでしょう。

少し遠回りをしても見る価値十分の竹内街道でした。

當麻寺

當麻寺山門

遠回りをして當麻寺山門に到着。當麻寺は100寺を歩こう会で2015年に来ているのでこれが2回目になります。

境内に入るだけなら拝観料は掛からないので、境内を抜けさせて貰いました。東門から入り北門に抜けます。

當麻寺の本尊は伝説によれば、中将姫が蓮の茎の繊維で一夜で織り上げたという「当麻曼荼羅」が原本になっている当麻曼荼羅

本堂(曼荼羅堂)
東塔(国宝)
中将姫
今は昔、藤原鎌足の曽孫である藤原豊成には美しい姫がいました。後に中将姫と呼ばれるようになる、この美しく聡明な姫は、幼い時に実の母を亡くし、意地悪な継母に育てられました。中将姫はこの継母から執拗ないじめを受け、ついには無実の罪で殺されかけます。ところが、姫の殺害を命じられていた藤原豊成家の従者は、極楽往生を願い一心に読経する姫の姿を見て、どうしても刀を振り下ろすことができず、姫を「ひばり山」というところに置き去りにしてきました。その後、改心した父・豊成と再会した中将姫はいったんは都に戻るものの、やがて當麻寺で出家し、ひたすら極楽往生を願うのでした。姫が五色の蓮糸を用い、一夜にして織り上げたのが、名高い「当麻曼荼羅」です。姫が蓮の茎から取った糸を井戸に浸すと、たちまち五色に染め上がりました。當麻寺の近くの石光寺に残る「染の井」がその井戸です。姫が29歳の時、生身の阿弥陀仏と二十五菩薩が現れ、姫は西方極楽浄土へと旅立っていきました。

 

傘堂

ここからが二上山登山のコースになりますが、まだ暫くは舗装路を進みます。

當麻山口神社

左にある朱色の鳥居は「當麻山口神社」の参道入り口になります。今回はパスしました。

大池の手前に一本柱の変わった建物があります。
一見傘の形に見える事から傘堂と呼ばれているこの建物は、郡山藩主本多政勝候の菩提をとむらうため、その影堂として、恩顧の家臣やこの地域の農民たちによって延宝2年(1674)に建立されたものです。

傘堂

一辺が約40cmの四角い一本柱を中心に立て、その上に本瓦葺の方形造の屋根がのる珍しい形の建物で、いつの頃からか、安楽往生を願う庶民信仰の対象にもなっています。

また、左甚五郎が建てたといった伝承もあるようですがこれは伝の類いでしょう。

いよいよ山道へ

大池を過ぎても暫くは舗装路を行きますが、途中に裏向不動明王と石仏三体があります。

裏向不動明王は暗い堂の中の為にどうなっているのか確認できませんでした。どうやら石板に刻まれた不動明王のようですが、これが裏向きになっているようでした。


言い伝えによれば「昔、役行者自ら不動明王の御像を石に刻み、滝のはとりに安置して滝の不動と呼ばれていました。ところがこの不動尊の御霊気が余りにも烈しく人がその前を通ることが出来ないで倒れ、また転げ落ちてしまうので、この像を地に埋めて裏向きにしたところから、いつの間にか裏向不動明王と呼ばれるようになったようです。

この先の祐泉寺からいよいよ山道に入ります。祐泉寺前で休んでいた登山者に聞いた所、祐泉寺前の分かれ道の左を行けば楽なコース。
でも、一旦平らになったあと再度傾斜地を登るようです。右コースは一気に山頂を目指すコースで、こちらの方が大変なコースのようでした。

ここで選択したのは右コースです。山道に入ってすぐは緩傾斜でしたが、先に進むほど傾斜がキツくなってきました。

途中にはほぼ直登とも見える所もあり、前を見るとゲンナリするほどの急な山道です。あまり前は見ないようにして行く方が良さそうです。

當麻寺から1時間20分ほどで雌岳と雄岳の間の馬の背に到着。ここからは10分程度で雌岳山頂に着きました。

二上山 知りて語らず人の性
     大和三山 今日も見遣りて  一秀

雌岳

雌岳山頂からの大和盆地

思っていた以上に大変な山でしたが、雌岳山頂からは東に大和盆地、西には大阪の町が見え、この山の人気の理由がよく分かりました。

山頂には大勢の保育園児が居て、賑やかなこと!
子供達にとってはこの程度の登山は苦にもならないようです。やはり自分たちが歳なのだと納得させられます。

時間もそろそろ昼飯時間なので、雌岳の山頂でコンビニで買ってきた弁当を食べ、雄岳に向かいます。

日時計

遠足の 子等のおむすび大きくて   一秀

雄岳

一旦先ほどの馬の背まで下り、そこから反対側の雄岳への登坂開始。でもこの間は思っていたより簡単に登り切る事が出来ました。

こちらには小学生が大勢居て、山全体が子供達の掛け声で賑やかです。
雌岳の山頂は日時計もあり、休憩できる広場がありましたが、雄岳山頂には看板があっただけ。
この山頂の看板には温度計が取り付けられていました。

雄岳山頂

温度計は12度を示していました。体感よりは下がっているようです。

大津皇子墓

今回の二上山登山は景色を見るという目的は当然ありましたが、それ以上に興味のあったのが二上山の雄岳山頂にある「大津皇子」の墓でした。

古代史の中で悲劇の皇子として知られる大津皇子にはこの時代に関心を持つ人なら誰でもが興味を持つ人物と思います。

前回の「持統天皇行幸の道」の歩き旅は持統天皇の明るい陽の面でしたが、今回は持統天皇の陰の面を見る事になります。

と、いうのも大津皇子は謀反の罪を着せられ享年24歳という若さで自害していますが、この謀反の罪を着せた張本人は自分の子である草壁皇子を次の天皇にしたかった鵜野讃良皇后(後の持統天皇)というのが定説になっています。
大津皇子は実の姉の子だったのですから凄いものです。

大津皇子 二上山墓

山頂を過ぎた所にあるこの墓は想像していた以上に小さなものでした。直径10mあるかどうかの円墳で、回りを一周回れるようになっていました。

正式な名称は「天武天皇皇子 大津皇子  二上山墓」となっています。

これでようやく、以前から一度行ってみたいと思っていた大津皇子の墓をお参りする事が出来ました。

古をしのびつ古道 木の実踏む  一秀

下山

さて、目的は果たしたので下山です。
そうは言っても雄岳の標高は517mありますからそんなに短時間で下山できるものではありません。

最初は尾根の下山道で緩い坂道だったのですが、そのうちにかなり急な山道になってきました。
おまけに小石混じりの山道なので滑りやすいのです。案の定、早速紅一点のTさんがスッテンコロリン。

昨日からの街道歩きで脚力も落ちて来ているので踏ん張りが効かず、尚更の事滑りやすくなってきています。

計画の段階ではこちら側から登る事も考えましたが、その案をとらなくて良かったです。ここを登っていたら、と思うと......

二上神社

ようやく下りきって二上神社まで来ました。ここから二上神社口駅まではあと僅かです。

二上神社口駅ゴール

山頂から丁度1時間でゴールとなる近鉄の「二上神社口駅」に到着です。

登る前は簡単に考えていた二上山でしたが、想像以上に苦労しての登山になりました。ここ何年も登山はした事がなく、せいぜい街道歩きでの峠越えくらいでしたから、自分が思っていた以上に体力は年相応に落ちて来ているのでしょう。

それでも念願の二上山登山が出来、大満足です。

まだ時間も早いので何処かへ寄っていこうと言う事になり、最初は談山神社とも思いましたが、前回寄ろうとして雨の為に諦めた橿原神宮へ寄っていく事にしました。
電車の駅からは近いのでこれなら時間もあまり取られないで済みそうです。

橿原神宮

近鉄橿原神宮前駅

橿原神宮は日本の初代天皇となった神武天皇を祀る神社で神武天皇の畝傍橿原宮があったとされる畝傍山の東麓に明治23年に創建されたもので歴史はさほど古いものではありません。

陵はこの北側にあり正式には「畝傍山東北稜」(うねびやまのうしとらのすみのみささぎ)と、厄介な名前が付けられています。

この稜もそれまでは本当に小さなものだったようですが、明治以降何回かの改修工事が行われ、また、ここに全国から集めた大樹を植樹し、古いものであるかのように見せているのだと言います。

これは明治政府が、そのトップにいる天皇に箔をつけ、自分たちの行った明治維新というものを少しでも大きな出来事に印象付ける為の改修工事だったようです。

しかし、これが天皇の陵だったのかは疑わしい部分も多々あるらしく、建物は凄くてもその中身については随分といい加減なものです。

以前此処にあった寺の塔の基壇だったのではないか?といった説もあるのですから驚きます。

電車を降り、橿原神宮前駅前の広い通りをそのまま真っ直ぐに進むと橿原神宮の表参道に出ます。表参道をそのまま真っ直ぐに進むと右にあるのが南神門で、これを潜ると外拝殿の前の広場に出ます。

一般参拝者が入る事が出来るのは此処までなので外拝殿から内拝殿の奥にある本殿を拝むかたちになりますが、この内拝殿の大きさが半端ではありません。

外拝殿から見る内拝殿

後ろに畝傍山を控えて建つ内拝殿や本殿の姿はいかにも日本の古い歴史を感じる物があるだけに、逆に、形だけの物となってしまっているこの神宮の軽さも感じてしまいます。

橿原や 菊の香纏い旅を果つ  一秀

さて帰ろう!

再び橿原神宮前駅に戻り、飛鳥駅まで戻ります。
飛鳥駅からは通算6回目となる民宿・脇本までの道を歩き、車に戻りました。ここを歩く度に天武・持統天皇陵の前を通りますから、この稜も6回見ている事になります。
前回、今回で天武・持統天皇に関わる古代歴史の現場を見てきましたが、歴史はどちらが正しい、どちらが悪い、と言う事はない筈ですが、結果だけ見れば勝者が正義の味方になってしまいます。
結局、歴史は勝者にとって都合の良い歴史だけが残っていく事になり、敗者は悪者となって歴史に名を残す事になるようです。
それが歴史と言うものなのでしょう。

葛城の道と二上山 1日目

葛城古道

民宿・脇本

スタート地点に立つ

清水からは結構距離もあります。スタート地点となる奈良交通のバス停「風の森」へ行く為のバスは本数が無いので、何としてもこれに乗らなくてはなりません。
その為に、4時には清水いはらICに入りました。
ここからは西へ西へと進むだけ。

8:30AMには今夜お世話になる明日香の民宿「脇本」さんに到着しました。6月にもお世話になった民宿で、二日間ここに車を駐めさせて貰います。

飛鳥駅までをまたまた歩く事になりますが、この間を歩くのはこれで3回目。

今回も同行の「一秀翁」が俳句を送ってくれましたので、これも合わせて掲載しておきます。

飛鳥駅

飛鳥駅に着いて時刻表を見てみると、予定していた電車にはまだかなり時間があります。乗る電車を変更して予定より早めに近鉄御所駅に行ってしまう事にしました。御所からのバスは選択肢がないので、早く行ったところでバスを待つ時間が長くなるだけなのですが、少しでも余裕を持って先に進んでおいた方が良いでしょう。

ただ、近鉄からJRへの乗り換え駅となる「吉野口駅」での乗り換え時間は2分しかありません。
まぁ、同じ駅舎の中のようなので間に合うだろう、と気楽に構えていましたが、少しの時間差でやはり間に合わず(と言うより、2本の電車が入線していたので乗る電車を間違えて、その間に行ってしまいました)結局吉野口駅で次の電車を待つ事40分、ようやく御所へ向かう電車に乗る事が出来ました。

飛鳥風 古代の香り 秋深む 一秀

しかし、またまた問題が!
御所に向かう電車はJRですから到着はJR御所駅です。しかしバスが出るのは近鉄御所駅の方なので約500m移動しなくてはなりませんが、今度はバスの発車まで10分しかありません。早足で行けば5分あれば行ける筈。

バスの遅れる事を祈りながら早足で歩き、ようやくバス停まで来ましたが、バスは結構遅れていて結果だけ見れば余裕の待ち時間になりました。

ここから乗るバスは日本では一番運転距離の長い路線バスという、奈良の大和八木駅から和歌山県の新宮駅までの全長166.9㎞、停留所の数は167、所要時間は約6時間半というとんでもないバスです。


これだけ乗ると運賃も5,250円と、かなり高額になります。
今回乗るのは数駅の区間だけですが、いつか全線通して乗ってみたいものです。でも尻が痛くなりそう.....

イザ出発!

「風の森」バス停

暑くもなく、寒くもなく歩くには絶好の陽気です。

スタートしてから暫くは田圃の中の緩い坂道を登ります。
9月頃には彼岸花が咲き、この花目当ての写真愛好家やハイカーが大勢訪れるようですが、それも終わり、紅葉の始まる前の今は静かなものです。

遠き日の 原風景や 稲架のあり  一秀

高鴨神社

発祥がこの地と伝わる鴨氏一族の氏神として祀られたのが高鴨神社で、京都の賀茂神社(上賀茂神社・下鴨神社)を始めとする全国のカモ(鴨・賀茂・加茂)神社の総本社といわれます。

氏子はいるのだろうか?と聞いてみた所、氏子は全国にいるのだそうです。

「カモ」は「カミ」と同源であり「カモす」という言葉から派生し、「気」が放出している様子を表しているといいます。

また、高鴨神社は現在絶滅危惧種とされてる日本さくら草でもしられています。
昭和35年にその時の宮司さんが京都の自邸より持ち運み保存栽培した事に始まり、2016年からは境内で展示会なども行われているようです。

そば小舎(そばしょうしゃ)

神社のすぐ先に「そば小舎」という蕎麦屋さんがありました。昼食には少し早いのですが、店の感じも良さそうなので軽く食べていく事にし、入ってみました。

暖簾には「一本挽き」と描かれていますが、はて、この一本挽きとは?

どうやら、玄そばの果皮(そば殻)がついたままに、石臼などで挽いたそば粉のことを言うらしく、 栄養価も高く、そば本来の風味も強く感じられるとの事でした。

実際、普段はあまり感じる事のない蕎麦の香りも少し感じる事ができました。
腰の強さが半端でなく、先日信州の「翁」で食べた蕎麦と腰の強さは良い勝負。

高天彦神社

暫くは平坦な道が続きましたが、途中から金剛山に向かって登りが始まります。

高天彦神社へのコースは参考にした近鉄の「てくてくマップ」ではオプションコースになっていましたが、折角ここまで来たのだからと緩い登り道に入りました。

しかし、この登坂が緩いとは言っても平らになる所は殆ど無くずっと続き、段々と足に堪えて来ます。オプションコースになっていた理由も分かります。

こんな道を一日中歩いていたらゴールした頃にはバテバテ状態になっていそうです。


社名・神名の「高天(たかま)」はこの辺り一帯の地名でもあり、神話に出てくる高天原の伝承地とする説が古くからあるようです。

この神社は記紀の中で、出雲へ国譲りのための使者を命令した古代豪族、葛城氏の最高神「高皇産霊神」が祀られている神社です。

しかし、ようやく辿り着いた本殿を見てガッカリ。
古い歴史のある式内社の本殿なのに屋根瓦は赤い陶器瓦なのです。
檜皮葺とは言いませんが、せめて普通の瓦で葺いて欲しいものです。

鶯宿梅

高天彦神社の参道前に梅の古木がありました。
説明の看板によれば「鶯宿梅」と名付けられた梅の古木。

その昔、高天寺で修行をしていた小僧が若くして亡くなり その師が嘆き悲しんでいたところ、梅の木に鶯がきてホーホケキョではなく、 「初春のあした毎にはくれども あはでぞかえるもとのすみかに」 と鳴いたそうです。
それ以来この梅は鶯宿梅と呼ばれるようになったとか。

橋本院

橋本院のある金剛山の中腹は古来より高天原と呼ばれ「美しい日本の歩きたくなる道500選」の一つにも選ばれている葛城古道の名所として親しまれている真言宗の寺院です。

境内の「瞑想の庭」には四季折々季節の花が咲く花の寺としても知られています。


葛城古道はこの境内を抜けており、出口(入り口?)には獣よけ(鹿や猪)の柵が付けられていました。この獣害防止の柵はこの橋本院ばかりではなく、古道沿いで何箇所かに設置されていました。
獣害は今や全国的な問題になって来ているようです。

サクラが咲いているので、狂い咲き?と思ったら、これは11月から12月に咲く寒桜でした。

狂い咲きかと思ったら寒桜でした

極楽寺

橋本院から少しづつ下り、広い道路に出て暫く進んだ左上にあるのが極楽寺です。

ここまで歩いてくると少しばかりの坂道も足に堪えます。この寺の縁起を見てみるといろいろ書かれているのですが、ローカルな話ばかりなのはまだ良しとしても、創建当時の話の中で、いろいろな人が登場しイマイチ全容が掴めません。

お寺のホームページはこの手のページが多いです。 結局掴み所がなく、はて?といった結果で終わってしまい頭に残るものは何も無し!
お寺のホームページって、一体何を伝えたいのでしょう?

名柄の中村邸

中村邸

名柄は旧高野街道と東西に走る水越街道の交差する町として開け、古い民家が軒を連ねています。

その中でも中村邸は昭和43年に重要文化財に指定された、御所市では現存するなかでは最も古く、かつ重要な建築で、中世吐田の城主吐田越前守の子孫中村正勝が慶長頃に建てた大官屋敷と推定されています。

この辺りからは大和盆地を見渡せ、大和三山も見えていました。

奈良は柿の産地。柿畑が広がっています。
大和三山が見えています

一言主神社

名柄の集落をはずれると一言主神社への参拝の為、再び山登りです。
標高差30m程度の登りですが、朝からアップダウンを繰り返しているのでかなり足が疲れてきています。
でもこれから先には大きな登りは無さそうです。

一言主神社の正式名称は葛城坐一言主神社
一言主神は日本書紀などによると雄略天皇と争ったとされており、この事から、葛城氏と大和朝廷の対立が偲ばれます。
しかし、この神社にはこの二人が祀られています。

地元では「一言さん」として親しまれていて、どの様な願い事でも一言の願いならばかなえてくれると信じられています。

境内には推定樹齢1,200年の大イチョウや松尾芭蕉の句碑などもあります。

「猶(なほ)みたし花に明行(あけゆく)神の顔  芭蕉」

一言主神は、お顔が醜かったと言われます。昔、修験道の開祖、役行者が葛城山と吉野の金峯山に橋を架けようとしましたた。それを手伝わされた一言主神は自分の醜い容貌を恥じて夜だけ働き、夜明け前に姿を隠したと伝わります。 花々に包まれた葛城の夜明け。そこにおわす神のお顔が、まさか、醜いなんて。いや、麗しいに違いない、といった気持ちか?<県民だより奈良より>
この伝説を知らなければ全く意味が分かりません。芭蕉は随分と物知りだったようです。

 

乳垂れ銀杏

九品寺

一言主神社からは下に戻らずそのまま横なりに進むと左に高丘宮跡がありました。
これは神武天皇に次ぐ第2代天皇・綏靖天皇が宮を構えたと伝わる地。しかし綏靖天皇が実在したかどうかは疑問視されています。
しかし、古代にはこの地が天皇家と何かの係わりを持っていたのではないか?と考えられています。

この先に千体石仏で知られる九品寺があります。

千体石仏

本堂裏手から裏山にかけてカラフルな前掛けを掛けた石仏がビッシリと並びます。

一見よくある水子地蔵のように見えますが、これは南朝に付いた兵士の霊を慰める為の石仏と言われていて、これらの石仏が作られた時代は、南北朝、室町、桃山時代のものが多いようです。

御所駅、そして明日香へ

九品寺を過ぎると少しづつ標高を下げていきます。さっきまでは下に見えていた大和三山も近くになってきましたからもう少しです。

スタートから高台を歩いて来た今日の行程も六地蔵石仏からは真っ直ぐに御所駅を目指して下っていきます。

巨石に刻まれた六地蔵

途中にあった六地蔵は普段見る六地蔵とは大分違い、大きな石に浮き彫りで六地蔵が彫られているもの。
まさか、この石は運んできたものではないのでしょう。

ようやく県道に下り切りました。あとは北に少し進めば今日のゴールである「近鉄御所駅」です。
一旦北に向かい「尺度駅」で乗り換えて今度は南に向かい、飛鳥駅到着です。

天武・持統天皇陵
民宿「脇本」

4回目となる明日香駅から民宿脇本までの道を歩き宿に到着しました。
今回は埼玉県の高崎からのお客さんと同宿になり、お陰で賑やかな夕食になりました。

長き夜や 旅は道連れ 飛鳥鍋  一秀