掲示板

掲示板 JoyfulNote

10年ほど前まではネット上には沢山のBBSと呼ばれていた「電子掲示板」(懐かしい響きです)がありました。

これはフリーで公開されてている掲示板CGIプログラムをサーバーにアップロードして働くもので、其々特徴を持った物がネット上で幾つも公開されていました。

今はfacebook や LINE のグループを使えば掲示板と同じようなことが出来てしまいます。

そんな理由からか、掲示板は姿を消して行っています。

しかし、掲示板なら誰かが設置すれば投稿は誰でも出来るようになりますが、facebook や LINE は参加するためにはアカウントを取って会員になる必要があります。

現在でもフリーの掲示板CGIはかなりの数見つかりますが、そこで書かれている情報は2000年から2010年位の物で、1990年代の物も見つかります。

写真クラブの掲示板設置

今回、自分が所属する、地区内の写真クラブの掲示板の設置を思い立ちました。
この写真クラブは月一ペースで課題を決めて月例会を開いています。
課題に沿った作品を二点持ち寄り、それを見て皆で、あーでもない、こーでもない、と言いたいことを言って評をしあっています。

月一の課題には合わないけど、良い写真もあるはずです。

これらを、画像も投稿できる掲示板に投稿して、これに対し、コメントでイチャモンの付合いをしたらどうかと思いました。

実は以前にもホームページを置いてあるレンタルサーバーで掲示板を設置した事があり、ある程度の知識はありましたから、簡単に考えていました。

20年近く使わせてもらってきたサーバーから今年の春に移転したところ、移転先のサーバーではこの時期キャンペーン期間中だったようで、本来なら取得するのは有料で、その管理費も掛かる自分専用の独自ドメインが無料で貰えてしまい、この結果、使えるドメインが二つになってしまいました。

使い道のないドメイン

一つはホームページに使っていますが、はて、もう一つは何に使おう?

wordpressを使ったプログはホームページを置いてあるドメインに作ってしまったし、これまで使い道が無かったのです。

それにこの新しいサーバーな容量は、これまでのサーバーの800MB に比べ200GBと言うとんでもない容量があり、ホームページとプログではとても使いきるようなものではありませんでした。これで、これまでのサーバーのレンタル料と同じくらいなのですから、レンタルサーバーも安くなったものです。
ただ、これまでのサーバーの良かったところは、サパートが早い、という事で、色々と面倒見てもらいました。
今度のサーバーのサポートは?
これは未だにトラブルが皆無なので、その機会がありません。

ネット上で公開されている掲示板のCGIの中から、画像のアップロード、表示の出来る物を探したところ、”JoyfulNote”というものが希望通りの機能を備えているようなのでこれをダウンロードしてみました。

圧縮されたファイルを解凍して、まずしなければならない事は、幾つかあるcgiファイルの冒頭に記述されているperl へのパス設定。これは何の問題も無く完了。

次は初期設定CGIの変更。自分の環境、使い方に設定を書き換えます。

サーバーへアップロード

ここまで済んだらこれをサーバーにアップロードしますが、注意する事は転送のモードです。CGIファイルはアスキーモードで、それ以外はバイナリモードで転送すれば良いようです。
全てのファイルをアスキーモードでアップロード、と説明されている所もありましたが、ここは面倒でもアスキーとバイナリを切り替えながら何とかサーバーへ送る事が出来ました。
このモード切替はFTPソフトの方で自動的に切り替えて呉れるようですが、今回は手動で切り替えながらアップロードしてみました。

パーミッションの設定

最期に残る作業は各ファイル、ディレクトリのアクセス制限の設定です。これはパーミッションといいますが、これをファイル毎に指定された値に書き換えます。

しかし、この設定はサーバーにより微妙に違うようで、CGIプログラムに添付された資料通りでも旨くいかない事があり、これはサーバー側の指定に従うのが無難です。

それでも最初は旨く動かずに、パーミッションを変えながら、ようやく旨く動くようになりました。

Internal Server Error

試しに画像を添付して短いテキストを入力してみました。
ここまでは問題なかったのですが、最期の投稿をしようとするとERROR!

このエラー表示は

CGIの負荷が大きい。

CGIのパーミッションに問題がある。

CGIのソースコードに問題がある。

等、書かれていますが、どうもよく分かりません。

ネット上でも同じような障害は皆さん経験しているようなのですが、ハッキリした事は分かりません。

しかし、初期設定をする為のCGIの中を見てみると画像のファイルサイズ上限の設定がありました。デフォルト値は102400(102KB)になっています。

こうした値を見てもやはり今の時代とはかけ離れたファイルサイズです。

今なら、画像一枚が1MBなど当たり前の時代ですから、100KBという画像サイズは今となって時代遅れの小さなサイズになります。

いろいろ試した結果、画像の大きさを長辺側で750px位にしておけば、ファイルサイズには関係なくエラーは出ないようです。

-c

何とか画像投稿機能付きの掲示板が立ち上がりましたが、やはりかなり画像は劣化してしまいます。

現在流行りのSNSならもっと綺麗な画像で見ることができるのでしょうが、やはり全員がアカウントを取得しなければならないというところがネックになってしまいます。
どうしても必要と言うものでもないので、やはり設置する本人以外は気楽な掲示板になってしまいます。

苦労しても、皆さんが自分の写真を投稿してそれなりに使ってくれれば良いのですが......

仏像コレクション

不空羂索観音

数年前から友人が仏像を作ってくれて、それが結構の数になり、数えて見たら20体を越えていました。
大きなものではなく、高さは20cm程度のミニ仏像です。
前からこれらの写真を撮っておこうと思っていましたが、やろうとすると結構面倒臭そうで、これまできてしまいました。
でも、これ以上溜まると撮影もますます面倒臭くなってしまいそうです。
撮る事は簡単なのですが、仏像の写真はただ撮影しただけではおもちゃのような仏像になってしまいます。
まして、自分の所にある仏像は真っ白ですから尚更のこと。
RAWで撮影して、これをそれなりに見えるように補正しながら(これが結構厄介。キリが無いのです。)現像処理をしてようやく完了しました。
写真アルバムは
モノクロ版
https://flic.kr/s/aHskzBbyG1
カラー版
https://photos.app.goo.gl/qv5P5tbRGFnKebR53

鷲峰山 霊山寺(大内の観音さん)

何年かぶりでサクラの写真を撮ろうと、清水では「大内の観音さん」と呼ばれ親しまれている霊山寺に登ってみました。

霊山寺は、平安時代に行基が作って安置した駿河七観音のひとつを祀る寺で、真言宗の寺だったようです。仁王門は1516年の建立となっており、施工日・施工者などを記した棟札が現存し、この門は国の重文に指定されています。

記憶では本堂までは山道を15分も登れば着いた筈だと思い、楽勝気分で登り始めました。

丁石

1丁(約110m)ごとに丁石が置かれています。(最後が何丁だったのかは確認しませんでしたが、4丁まではあったような....。)
しかし、前回登ったのは既に20年以上も前の事で、その時のペースではとても登れません。

途中には木彫りの観音像も安置されていました。地元の方が造ったものなのでしょうか。真新しい花も添えられていましたから、毎日何方かが見てくれているようです。行基が造ったのは千手観音との事ですが、これは聖観音?

黙々と山道を登ります。途中下山する方に何人か会った程度で登っている人は少ないようです。 “鷲峰山 霊山寺(大内の観音さん)” の続きを読む

春真っ盛り

霊山寺
写真クラブの4月の課題は「サクラ」

いつもは例会の日が迫ってきて尻に火が付いてから慌てて撮るのですが、サクラとなると咲いている時にしか撮影は出来ません。

満開の今しか無いとあちこちで撮ってきましたが、イマイチいいショットがありません。こうしたものはジックリ考えて撮る、と言うようなものでは無く、その瞬間の閃きみたいなものだと思います。 “春真っ盛り” の続きを読む